不動産売却はとっても大変です

不動産売却はとっても大変です

3人目の子供ができ、マンションでは手狭になってきたので売却することになりました。
隣の方は売却がスムーズにできるように、買い手がついたと同時に家を空けるために同じマンションの賃貸に引っ越されました。
それを見て売却って大変なんだなーとつくづく思いました。

適当は不動産屋さんにお願いして広告を出してもらいましたが、意外にも見学にこられる方は殆どいませんでした。
見学に来られる時は当然大掃除しますし、良い印象を持っていただくために非常に緊張しますが、残念ながらそう機会はありませんでした。
記憶の限りでは2組だったと思います。

売却といっても買い替えなので、こちらも転居先を探します。
世間知らずでしたが、不動産屋さんには売る時も買う時も手数料を払わなくてはなりません。
これも計算に入れないといけないのです。
お願いした不動産屋さんは引き続き広告を出していただいて、こちらの希望物件の紹介もしていただきました。

気に行った中古の一戸建てがあったので検討に入ったのですが、価格交渉をしただけで第一優先権をなくされてしまいました。
これは法律で決まっているわけではないのですが、その不動産屋さん曰く「慣例のようなもので現在交渉中の人に優先権があります」という話だったのですが、次の希望者と交渉を始められてしまいました。
売却も進まないということもあり、このことでその不動産屋さんには不信感を抱いてしまいました。

そんな時、たまたま見に行った新築物件を主人が気に入り、少し高かったのですが、例の手数料が要らないということとマンションの買い取りをしてくれるという条件を出していただいたので、そちらと取り引きすることにしました。
いつまでも何時売れるかわからない、何時見学があるかわからないという状況に疲れていたのかもしれません。
こうしてマンションの売却は業者の買い取りという形で実現しました。

その後、我が家がその系列会社からの広告に載り、無事に売却されたことを知りました。
手数料を払って仲介していただく方が良かったのかどうか今でも判断つきかねます。
新築物件は高いですし、買い取っても利益が出るのですから損得はわかりません。
ただ、売却は大変だということを皆さん、知っておいた方が良いと思います。
そして、これからマンションを購入される方は売却しやすい物件かどうかをお考えになった方が良いと思います。

不動産売却の体験談カテゴリ 最新記事

不動産売却はとっても大変です

3人目の子供ができ、マンションでは手狭になってきたので売却することになりました。 隣の方は売却がスムーズにできるように、買い手がついたと同時に家を空けるために同じマンションの賃貸に引っ越されました。

一軒家を売却しました

年末に実家から電話があり、事情でどうやら地元に戻らなければいけない事になりました。 小学生の子供がいる為、春休みに引越し、それまでに必ず売却しない事には、わざわざ飛行機に乗って戻り、不動産の手続き云々

保有しているマンション売却

お給料が新年度になり、改訂され、かなり減額になりました。 ボーナスも同様に減額になったので、住宅ローンの支払いが厳しくなってきたので、マンション売却を検討するようになりました。 マンションは住宅ローン