不動産をめぐるトラブルが起きたときの、ベストな対処方法とは

不動産をめぐるトラブルが起きたときの、ベストな対処方法とは

不動産の売買は、多くの場合売り手にも買い手にも初めての体験となります。
不動産に関する知識を持っている人は少なく、ちょっとした疑問や不安から、トラブルの元になることも。
契約に関すること、お金に関することなど、トラブルになってしまったらどうするのが良いのでしょう。

不動産に関するトラブルの対処法

不動産に関するトラブル、特に住宅に関する問題は、多額のお金だけでなく日常生活にも支障をきたしてしまいます。
迅速に、スムーズに問題を解決するためには、以下のような対処法が考えられます。

・国民生活センターに相談する
・地方自治体の消費者センターに相談する
・民間の専門団体に相談する

例えば公益財団法人の不動産流通近代化センターでは、不動産の取引に関する相談を受け付けています。
ホームページでは過去の相談事例も参照でき、トラブル解決に向けた情報を発信してくれているのです。
こちらのサイトは弁護士が監修を行い、法的な観点からもアドバイスが行われます。

また、東京都宅建協会でも電話による不動産相談を受け付けています。
不動産に関する悩みはもちろん、宅建協会員を相手方にする苦情の解決も行っています。
東京だけでなく、各都道府県でも宅建協会が無料相談を受け付けているので、いざというときは利用してみることをおすすめします。

本当に困ったときは、専門家への相談を

無料相談などで解決できれば一番ですが、話がこじれてしまったり、悪質な相手とのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、やはり迅速に専門家に相談する必要があります。
不動産取引に関する問題を扱い慣れている弁護士や、不動産会社と提携してる弁護士事務所などが安心です。

また、相続や登記に関する問題は司法書士、地積や測量に関するトラブルは土地家屋調査士に相談することもできます。
さらに、不動産会社との間で起きたトラブルに関しては、相手方が所属する協会や本部で相談するのが一番です。

不動産取引で大きなトラブルを抱えないためにも、以上のことを頭に置いておき、万が一のときはベストな対処法を取れるよう心がけましょう。

不動産売却コラムカテゴリ 最新記事

あなたの不動産の寿命は?価格にも影響する住宅の寿命とは

購入希望者にとって、中古住宅の魅力はその安さ。 しかし、「安物買いの銭失い」という言葉があるように、ただ安い買い物をしただけでは損になることも。 買い手にとって、中古住宅は安くても質が良いのが前提です

広い土地はどうやって売る?知っておきたい売却の基礎

「広めの土地を持っているものの、全部は売りたくない」。 「子供や孫に譲りたいから、一部だけ売りたい」。 こんな風に思う人がいるかもしれません。 しかし、その考えは意外と難しいのです。 土地を分割して売

一棟丸ごと買い取りも。リノベーション会社に売却するという選択

近年、不動産のリノベーションについて、多くの人が関心を寄せるようになっています。 特に中古マンションのリノベーションは雑誌などで特集が組まれ、メディアでも度々取り上げられています。 そこで、手持ちの不