不動産取引について知りたいときは、データベースを活用しよう!

不動産取引について知りたいときは、データベースを活用しよう!

不動産の専門家ではない一般の人が、不動産取引や売買に関する疑問を解消したくなったら、専門家に相談するのが一番です。
しかし、わざわざ相談しに行くのも面倒だし、ちょっとした疑問を解消したいだけ、などというときには、ネットで調べることも可能です。
ここでは、その調べ方をご紹介します。

ネット上のデーターベースで疑問を解決!

例えば、不動産をめぐるトラブルについて不安や疑問を解消したいとき、これまでにあった事例を参考にするという方法があります。
「不動産適正取引推進機構」が運営しているホームページでは、これまでに寄せられたトラブルに関するQ&Aが掲載されています。

もちろんトラブルの内容は各ケースによって状況が異なりますが、掲載情報の中から似たケースを見つけることで、解決への糸口を見出すことができるかもしれないのです。
また、消費者からの質問の中で多かったものを重点的にカバーしていますので、ちょっとした疑問や不動産の初歩的な悩みは、こちらを参考にして解消できるのではないでしょうか。

また、売買の価格に関しても、いくつかのサイトで事例を公表しています。
例えば国土交通賞が運営している「土地総合情報ライブラリー」では、四半期ごとに実際に行われた不動産取引の価格について情報を公開しているのです。
物件の所在地や面積、建ぺい率や取引の時期・価格について情報が提供されており、不動産の売買を考える人にとって参考になるのではないでしょうか。

データベースを活用するときに気をつけたいこと

ネット上のデータベースを利用する時には、注意したいことがいくつかあります。
まずは、その情報が正しいのかどうか。
運営もとが信頼できるところかどうか、情報は新しくリアルなものであるかどうかなど、よくチェックしてから利用するようにしましょう。

また、何のためにその情報を知りたいのか、あらかじめ整理しておくことをおすすめします。
売却時の価格設定の参考にするため、購入希望物件の価格が適正か調べるため、など目的をハッキリしておくと情報をしぼりこみやすくなります。

ただし、売買の契約や法律に関することや、トラブルを抱えている場合などは、専門家に相談するのが一番です。
ネット上の情報はあくまで参考資料とし、適切で迅速な対策を取るよう心がけたいものですね。

不動産売却コラムカテゴリ 最新記事

あなたの不動産の寿命は?価格にも影響する住宅の寿命とは

購入希望者にとって、中古住宅の魅力はその安さ。 しかし、「安物買いの銭失い」という言葉があるように、ただ安い買い物をしただけでは損になることも。 買い手にとって、中古住宅は安くても質が良いのが前提です

広い土地はどうやって売る?知っておきたい売却の基礎

「広めの土地を持っているものの、全部は売りたくない」。 「子供や孫に譲りたいから、一部だけ売りたい」。 こんな風に思う人がいるかもしれません。 しかし、その考えは意外と難しいのです。 土地を分割して売

一棟丸ごと買い取りも。リノベーション会社に売却するという選択

近年、不動産のリノベーションについて、多くの人が関心を寄せるようになっています。 特に中古マンションのリノベーションは雑誌などで特集が組まれ、メディアでも度々取り上げられています。 そこで、手持ちの不